モリタ建装(株)タグ
モリタ建装(株)
Home Site map リンク
top
会社案内
工事までの流れ
工事例
良い塗料
コラム
お問い合わせ
お問い合せ
〒333-0821
埼玉県川口市
    東内野555−1

TEL 048-296-2521
FAX 048-294-1789
詳しくはこちら
コラム

 ご自分で出来る住まいのチェックポイント
外壁のチェックポイント 
  ■チョーキング

塗装部を撫でると手に粉が付いたら、塗装膜の寿命です。

粉化が進むと本体を紫外線から守れなくなるので外壁塗り替えが必要です。

粉を除去するためには高圧水洗浄が必須です。
 ■サイディング板間シーリングの亀裂

サイディング板間にはシーリングされてますが大体10年が寿命で、硬化が進み亀裂が発生します。

亀裂から雨水が浸水し構造体の木や鉄が劣化するとともに、サイディング裏に浸水するとサイディング板自体が反ってきます。
 ■モルタル壁の亀裂

モルタル壁は亀裂が入りやすくそこから浸水すると構造体である木材の腐食に繋がります。

壁厚が薄いモルタル壁ではUカットシーリングは強度的に適さないので、フィラー刷り込みや、エポキシ樹脂注入を行います。
 ■壁の苔・藻類
特に砂壁やジョリパット系の外壁に多いのが苔や藻類の発生です。

植物の根の力はすさまじく、壁に突き刺さるほどなので、塗装や壁自体を破損します。
シリコン塗料には防苔・防藻効果があるのでお勧めします。
 屋根のチェックポイント 
 ■コロニアルの苔

苔が生えるとコロニアルが波打ち変形して、屋根の貼り替えが必要になります。
屋根が波打つ前に高圧洗浄しきちんと新しい塗膜で守ってやれば波打変形は防げます。
コロニアルは波打ったらお終い。
 ■コロニアルの割れ

厚みの薄いコロニアルは割れやすい物です。
亀裂や割れがあるとそこから雨水が漏水してしまうので早急な補修が必要です。
 ■棟包み板金の劣化

屋根の頂点を結ぶ長手を棟包み板金といいます。これが破損したり、釘が抜けるなどすると下地の木が腐り、補修に大きな金額が掛かってしまいます。
棟包み板金のズレなどに注意。
木部・鉄部のチェックポイント 
 ■破風板や木部の劣化

住宅の中で破風板は紫外線にさらされやすいので、劣化が進む部位です。

本体の木を塗装膜で守っているので、剥がれがあったらすぐに塗り替えが必要です。
 ■鉄さび

最近の住宅にはすぐ錆びてしまうので、鉄はあまり使われなくなりましたが、外部パイプの支持金物などは錆に注意です。
 ■壁幕板の劣化

近年壁幕板の付いたしゃれた住宅が多いですが、ココも劣化しやすい部位です。
特に壁幕板上部にシーリングがしてないと、壁から剥がれたりしてしまいます。

  コラム
 内外装リフォームに関する豆知識 失敗のないリフォーム工事を  
Q 業者選定で注意するところはどんなところ?
A

施工業者選定時の留意点。大切なマイホームの化粧直し。失敗のない施工を。

 ●施工業者にいままで施工してきた経歴書をもらう。
  
 会社が社員を選ぶときは経歴書が必要。お客様が業者を選ぶときにも会社の経歴書。可能だったら施工物件を見せてもらう。

 ●「ここらのモデルケースとして格安に」にはご注意。
     
どこのお宅に行っても言ってます。

 ●あまりしつこい営業にはご注意。
   しつこい営業はそれだけで経費が掛かっています。不当なマージン料が載っている?

 ●新聞チラシで坪単価が激安。
   お客様の建物を見ないで正確なお見積は出来ません。なんでもやっていると言うことはなんでも外注(下請け)にだしていると言うこと。坪単価の〜以上と言うのは見積もりではありません。実際施工してみたら何倍にもなるかも?

 ●その他の注意点
   
・工事保証書(7〜10年)を付けて貰う。
   ・公官庁の仕事をやっていれば安心 
   ・施工仕様書をもらう。

 ●とっておき
   塗装工事で大事なのは使用材料です。足場仮設や人件費も掛かりますが、ひどい例になると、100万円の工事金額で、塗装材料費が5万円な
   んて事も。
   塗り替えで残るものは施工した材料です。全材料費の割合を聞いてみ
   るのもOK

 

Q 手抜き工事の見分け方は?
A

工事中の留意点。素人には解りづらい手抜き工事。下記の点にご注意。

 ●下塗り・下地調整
  
 外壁を水で洗ったら下塗り・下地調整が始まります。モリタ建装の仕様では下塗り完了でまっ白にします。「もう完成ですか?」と間違われるほ どです。女性のお化粧も外壁塗装もファンデーション(基礎塗り)が大事。

 ●長持ちする塗装。
   基本的に工程数で決まります。少なくても3工程以上。高級な仕様では6工程にもなります。薄い塗装膜では長持ちしません。

 ●下塗りをしない悪質施工も。
   壁面、屋根、鉄部どこでも下塗りします。下塗りは接着剤、下地を整えるなど重要な工程。いきなり仕上げ色で塗装しだしたら要注意!!

 ●塗装部以外で業者の質を見る。
   壁面を塗装するときには、サッシ窓などはビニールで塗装されないよう
   に養生します。
   その養生後が汚かったり、見切りがガタガタだったりする施工者はロク
   なもんではありません。細部までこころ配りの出来る施工が大事です。


Q 塗り替えは何年周期がよいか?
A

およそですが、8年から12年くらいと思います。
塗料の耐候性や部位によって、違ってきます。劣化の見え始めた部分だけを早めに塗り替えるのもひとつの方法です。紫外線の当たるドアの色アセや木部の透明仕上げなどは特にメンテナンスが必要です。施工店に依頼して定期点検をしてもらうのも良いでしょう。ご計画をたててご検討ください。
 
たとえば、耐用年数の10年と15年の塗料で、15年の方が3割価格が高いとしても、年ごとの費用は15年の方がお得になります。材料のグレードはトータルに考えましょう。

塗料の品質と施工内容により異なります。

塗り替えの周期は、家屋の立地条件や塗られた部分(方角)によって傷みの様子が異なってきます。紫外線の影響の強い南面の外壁や雨水を直接に受ける屋根などは塗り替え後に早く劣化が進行します。また一般的に、木部や鉄部などは早めの塗り替え周期が必要となります。塗り替え後の経年劣化の様子を見ながら次の塗り替え周期を決めるのが良いでしょう。 塗料の品質によっては色アセが早期に発生したり、青色の顔料や極彩色は比較的早い時期に色に変化が見られることもありますので配色も検討してください。

また、塗り替えの塗料のグレードや塗りの回数によっても差異が見られますので、次回の塗り替えでは塗料の機能性を検討して施工すると良いでしょう。塗料のカタログや塗料メーカーのホームページなどの情報を活用してください。メーカーにより、塗料の価格や設計単価などもご覧になれます。

   

Q 塗り替えはどうして必要か
A

家屋や構造物を保護して美観を保つために、定期的な塗り替えは必要です。
家屋は風雨や温暖の変化などの気象条件にさらされています。塗り替えは、下地処理をふまえた正しい工程で、新しい塗装の膜を与えることにより、外壁のひび割れを処理し防水性を高めたりします。また、新築時の家屋の美観の回復にも経済的な方法です。適切な時期に塗り替えることは家屋の寿命を延ばします。定期的な塗り替えを行いましょう。
   

塗り替え工事はドコに頼めばよいのですか?
A

営業マンやテレビなどの宣伝により塗り替えの受注を中心に行うのが営業会社です。施工するのは地元の塗装店となります。この間には「元請→下請け」の関係が成り立っています。「下請け→孫請け」の受注階層が成り立っている場合もあります。元請の経費や利益が50%必要の場合であれば、施工店の受注金額は半値ということになります。
家電や自動車などは有名メーカーが安心と信頼に繋がりますが、外装リフォームに関しては、これとは逆の場合が多いです。多くの物件を全て自社の職人によって施工するのは不可能なので、営業会社体質になります。

お客様からの受注を直接に受け施工も自社で行うのが直施工店です。

また、著しく高い見積もり、工事の手抜き、必要のない工事をするなどの悪徳リフォームにも注意が必要です。
   

Q 塗り替えに足場は必要か?
A

安全性と丁寧な施工には必要です。
建築現場では安全性が大切です。傾斜のゆるやかな屋根などの単品施工の場合などには足場が不要な場合もあります。近年では、家屋全体の塗り替えは架設足場を用いるのが一般的です。安全性の高い足場によって、ていねいな施工が可能となります。

不安定な姿勢や危険性のともなう作業では塗り動作がうまくいかず工程の省略などの影響が出るかと思います。また、足場には飛散防止ネットは必ず必要です。ローラー塗りでも風の強い場合には周囲に塗料が飛散することがあります。お車や近隣家屋にご迷惑をかけないためにも足場工事はとても大切です。
   


モリタ建装の近況  
過去の記録
2019年9月13日(金)
ナノテク塗料

ナノテクノロジーとは少し前に登場した微細な分子をコントロールして作る技術です。

今までには考えられなかった物性を持つものが作る事が出来ます。
塗料は水性と溶剤に別けられます。今までは溶剤の方が耐久性の高いものが作られましたがナノテク技術を使った水性塗料は溶剤を超えるものもあるそうです。

塗料のナノテク利用は主に対汚染性と耐久性向上に使われています。
分子表面をコントロールする事により期待する特性を持たせるのです。

ただナノテク塗料も数年前に登場したので、数十年スパンの建築ではまだまだ信頼性に問題があるようです。

2019年9月12日(木)
防塵塗装

コンクリートの廊下や階段土間など、防水するほどでもなくエンビシートを張るほど予算もない時があります。

このようなときは防塵塗装します。塗装なので安価で工事しやすいですが、美観も良く簡易防水の効果があります。

ただ古い建物の床の防塵塗装はハガレてしまっている事が多いです。

そこでモリタ建装では防塵塗料として日本特殊塗料のユータックRをお勧めします。

塗りたてはもちろん大変綺麗になりますし、特に耐久性が高く10年近くたっても剥離も無く良い防塵化塗料です。

コンクリの土間にお悩みの方はメールください。

2019年9月11日(水)
防汚塗料

住宅の外壁が汚れてくるのは何故でしょう?
太陽の紫外線や風雨によって表面がガサ付きそこに汚れが溜まってしまうためです。

建築塗料と言えば全て防汚を謳っていますが、塗料をガサつかせる原因は紫外線によるものが多いです。
住宅でも南面の劣化が一番進行しています。
太陽の紫外線エネルギーは凄まじいからです。

紫外線に対抗できる塗料としてはフッソ・無機塗料があげられますが、モリタ建装では溶剤二液シリコン塗装をお勧めします。
コスパに秀でていますし防汚対策も万全!興味あったらメールください。

2019年9月10日(火)
重防食塗料

鉄製の橋などは水の近くという湿気の多い所や、海風にさらされたりと劣化にとっては過酷な場所にあります。

かと言って全面足場を掛けてチョクチョク塗り替えるわけにもいかないので、錆止め工程に重防食塗料が使われます。

これはエポキシ系塗料でたいへん耐久性の高い塗料がメーカーによりシステムとして開発されたものです。

一般家庭でも錆の恐れがあり、短期に塗り替えのできないところなどで使われます。

2019年9月9日(月)
浸透性サビ固着塗料

鉄材は構造的に強いので昔から建築物にはよく用いられますが、錆びるという欠点から近年は敬遠されています。

錆は見た目も汚いですが、構造的に弱くなるので早い補修が必要です。
錆びた部分を撤去し(ケレン)錆止め−上塗塗装が必要ですが金額的に結構かかる事や、ケレン作業により錆が飛散するので塗り替えが難しい場合があります。

一般的な錆は赤錆でどんどん腐食が進行しますが、黒錆の酸化鉄にするとそれ以上錆が進まずに鉄を守ってくれます。

そこで赤錆を黒錆に変質させる浸透性サビ固着塗料を使うと、ケレンや塗装が難しい部位でも簡単に使用する事が出来ます。

弊社ではサビキラーPROを使っていますが、見た目は気にしないので鉄の錆の進行を止めたい場合は気軽に使える商品です。


2019年9月6日(金)
防虫防腐塗料

木部に使う塗料で虫害や腐敗を防止する事を目的にした塗料です。

代表的な商品にキシラデコールやオスモがあります。

木目を生かした着色効果もあり、木の伸縮にも対応するため塗料の剥離などはありません。

ただ耐久性が低く3-5年に1度塗らなくてはならないので、プロに頼むと高くつきます。

オーナー様が日曜大工で数年に1回塗るならベストの商品です。

2019年9月5日(木)
塗料について

塗装工事で塗料の選定は重要で、なんの目的でどのような塗料を使うかを良く考えて決めます。

以前では考えられない無機塗料やナノ塗料など新しい技術を使ったものも次々現れ、私たちプロも知らないものが多く登場しています。

どのような塗料をどんな部位に使うか、どこの塗料メーカーの物を使う事はそれぞれの塗装店の経験とノウハウが詰まっています。

明日からは色々な塗料についてお話しします。

2019年9月4日(水)
コーポF外部改修工事-7

このアパートは木造2階建てで鉄骨階段、鉄骨廊下が設置されたよくあるタイプの建物です。

この鉄骨は丈夫で堅牢な構造物なので建築にはよく使われていましたが、錆びるという欠点があり現在ではあまり多用されなくなりました。

アパートの鉄骨階段、鉄骨廊下も建物との接続部の天井が錆びてきているものが多いです。
これを放置すると鉄骨工事で補強が必要になったり、最悪の場合床部分が崩落する事故に繋がります。

このため、鉄部の塗装は、ケレンを十分に行い、エポキシ系の錆止めを入念に塗装し仕上げの塗装する事が必要です。

鉄の錆は赤錆ですが、薬品により黒錆に変化させる塗料もあります。
鉄は黒錆に覆われるとそれ以上錆無くなれます。


Copyright(C) 2010 MoritaKenso All Rights Reserved.