本文へスキップ

確かな技術と自由な発想 新しいライフスタイルをご提案します

川口市で創業55年 住宅・アパートの屋根塗装 外壁塗装 防水工事何でもお任せください。安心と信頼の実績 塗装 防水 足場 シーリング内外装各種補修のエキスパートです。直接施工業者なのでお安い価格で充実した工事内容を提供します。

Information


 塗り替え工事に後悔しないために
■塗装工事をドコに頼めばよいかわからない?
有名な工務店やホームセンター等の塗り替え会社には塗装作業者はいないので、結局地元の直接工事業者が工事します。
ベストは地元の信頼のおける直接工事業者です。近くなら経費も掛かりませんし、アフターケアも迅速です。

■地元の工事業者は信頼できない
公共工事を直接入札で工事している会社は厳正に審査されていて信頼に於けます。
創業年数も評価対象でしょう。手抜や悪徳業者はすぐにいなくなります。

■手抜き工事が心配
モリタ建装は工事完了後に工事写真帳を提出しています。何時材料を入荷し下地補修や塗装工程などが 確認できます。完了後は工事保証書を提出しています。

■追加追加の工事金額が心配
モリタ建装はお見積金額以外追加費用はかかりません。追加金額が発生する見積は失敗見積です。工事契約書に明記された金額以外は発生しません。
 
 川口市・埼玉県公共工事 入札指名業者です。
官庁工事にも対応できる技術力・総合力。

入札指名業者は経営審査という決算内容・国家資格者・厚生年金・社会保険の加入など安定した経営を審査されていますので間違いのない会社です。

さいたま市・川口市・蕨市・戸田市・草加市・越谷市・春日部市。埼玉県南に実績多数あります。
 
 御見積もり・住宅診断まで無料で。
 社長近影 全ての物件を社長本人が担当し、現地調査の上見積書・住宅診断書・工事仕様書まで無料で発行します。
くわしくは上段タブの[工事までの流れ]をご参照ください。

無理な営業、しつこい勧誘は決していたしません。優しくおおらかな営業を心がけています。

一級建築施工管理技士
     代表 森 田 雄 三
ただ今インターネット特別割引10%実施中です。
お問い合わせ・御見積り依頼は お問い合わせ まで

お客様Voice


 モリタ建装で塗りかえされたお客様
 S様  S様住宅
2019/10施工
川口市S様邸
 S様ご夫妻の声

真心ある工事に感動しました。職人さんも若い方が多く一所懸命に工事をしてくれました。
何層にも塗装する丁寧な仕事に安心しました。
工事中にもかかわらず現場の清掃も行き届いていました。

モリタ建装さんに頼んでよかったと思います。

工事仕様
外壁 ファインコートシリコン(菊水化学工業)
塗装 ファインウレタンU-100(日本ペイント)
ベランダ防水
工事金額 ¥850,000.(税別)
特記:2階建て 日本式家屋 モルタル壁 屋根なし
 
 T様  T様住宅
2019/9施工
さいたま市T様邸
 T様ご夫妻の声

担当の監督さんが毎日来てくれて、当日の作業内容などを事細やかに説明してくれて安心できました。

見積もりのときの建物診断書でどのように塗り替えるか説明いただき、完了後の工事報告書では作業内容の工事写真が事細かにあり工事全体に安心感があります。

作業量の割りにモリタ建装さんは安いですよね。


工事仕様
シーリング全面打ち替え
屋根 パラサーモシリコン(日本特殊塗料)
外壁 シルビアNADシリコン(日本特殊塗料)
塗装 シルビアNADシリコン(日本特殊塗料)
工事金額 ¥1,200,000.(税別)
特記:3階建て サイディング壁 屋根(遮熱)
 
 O様  O様住宅
2019/8施工
川口市O様邸
 O様ご夫妻の声

見積もり段階からモリタ建装社長様本人に来ていただき、我が家に一番良い外装塗り替えを提案してもらいました。

職人さんも朝来ると当日の作業工程を話してくれ、仕事帰りも本日の工事完了しましたと挨拶してくれて、社員教育が行き届いていますね。気持ちよかったです

屋根と外装に使用した遮熱塗装の効果が楽しみです。


工事仕様
屋根 パラサーモシリコン(日本特殊塗料)
外壁 パラサーモ外壁用(日本特殊塗料)
塗装 シルビアNADシリコン(日本特殊塗料)
工事金額 ¥1,080,000.(税別)
特記:2階建て モルタル壁(遮熱) 屋根(遮熱)
 

社長のブログ


住宅塗装つれづれ草






モリタ建装の近況 住宅塗装つれづれ草
週1-2回更新しています。住宅塗装の話題を数多く取り上げています。
                         過去の書き込はこちら
2020年2月27日(木)
■木部の塗装にはご注意を

木目塗装早め早めの塗り替えを

近年は減りましたが住宅建築で設備器具が木材で出来ているものは大変多くありました。
屋根のすぐ下の破風板¥ベランダ手摺・窓木枠・木製雨戸・玄関扉と多くの木製品が使われています。

ただ木材の塗装は大変難しく何を塗装しても10年持つものはあまり無く、結果木材が腐ってしまうため次第に使われなくなりました。

新築の時は木材を多用した住宅は風情もあり格好良いのですが、10年ぶりに見てみると木部は全て腐って見る影もない建物を良く見ます。

今では見た目は木製でもアルミ製品に木目シートを貼ったものやプラスチック樹脂製で木に似せてできた製品が多く見られます。これらは木製品より高価ですが、いかに外部に木製品を使うのが難しいか判りますね。

■着色塗装

破風板や窓木枠など塗装は剥離しているが木部はまだしっかりしているものは着色塗装します。
以前は木部の下塗りは水性の薄い塗膜の物を使用していましたが、モリタ建装では2液エポキシ系の下塗り材を使います。しっかり接着させ強固な膜を作り木材を外気から密封します。

木材は呼吸しているで塗装は剥かないと聞きますが製品になった木が呼吸するはずもなく、要は気温や湿度によって伸縮するので塗装膜が追従できなくなり剥離します。
そこで硬い膜を作る2液エポキシ下塗りで封じ込めてしまうわけです。

その上からシリコン塗装しますと10年以上は持っています。

■木目塗装

木製品の良さはひとえに木目にありますね。オイルステインクリヤは木目を生かすように、木を茶系の染色剤で染め上げ透明のウレタンクリヤ膜で保護する塗装です。

玄関扉や居間の床板などに良く用いられますが、むかしのウレタンクリヤは耐久性が無く特に紫外線に弱いので、紫外線の良く当たる玄関下部や窓際の床板などはすぐに劣化し汚くなってしまいます。

劣化した部分を良く見るとクリヤが剥がれ落ちそこに汚れが染みついてしまいます。

この木目を生かした塗装をするには、汚染を全て取り除かなければなりません。これが大変難しく一度ついた汚染は中々とれないためクリヤ塗装が困難になります。
強く汚れがついた木部には着色塗装をお勧めします。

木目を生かした塗装をする場合は、木部に汚染がしみこむ前に塗り替えをしなくてはなりません。

■自然塗料・最新塗料

オスモやキシラデコールは着色と防腐効果のある染色剤です。一般の方でも気軽に塗れる商品ですが、耐久性がありません。数年ごとに塗り続ければ気も長持ちしますが、そのたびに業者に頼んだら高額になってしまうのでDIYでオーナー様が塗るのであれば良い商品です。

その中でも日本特殊塗料の「ニューシールステイン」は木目仕上げの耐久性の高い塗料です。
外装に木製品がありどうしても木目にこだわりたい方にはお勧めの商品です。


京都の清水寺の舞台の構造物を見ると、外につきでた50cm程度の梁にまで銅板の屋根が付いています。昔の人は木に雨を当ててはいけないと知っていたのですね。古い木造建築をみると木と雨との戦いのあとが見受けられます。

2020年2月24日(月)
■塗床塗装にはユータックRを

一戸建て住宅ではあまりないですが、アパートやマンションだと廊下の床を塗装しているものがあります。また工場の床も防塵や衛生面から綺麗に塗装しています。

新築のマンションなどですと廊下とベランダ床にエンビシートのタキロンが貼ってある物件が多いようです。弊社もタキロンは良く工事しますが、エンビ製で柄の模様が付きノンスリップでもあるため高級感があり耐摩耗性も高く優れた商品です。

しかしタキロンは工事価格が高いので、戸数の少ないアパートやマンションですと中々使えません。
そこでソコソコ防水性能もあり見栄えを良くしたいとの事で防塵塗装いわゆる塗床塗装が使われます。

廊下の塗床塗装で一番の問題が耐摩耗性です。歩行者が廊下を歩くことによって床の塗装には大きな負荷がかかり続けるので、塗膜が剥離したり摩耗で薄くなりがちです。

質の悪い塗床塗装している物件も見ますが、剥がれて汚い上に剥けたところが汚染が進む・漏水が進むので塗らない方がましの物もあります。

ただ廊下床がなにも塗らないコンクリのままですと、汚染はヒドイし衛生面にも問題があり漏水により下階に水漏れしたり、鉄骨の廊下・階段ですと下の階の鉄骨が錆びてしまいます。

そこで小規模のアパート・マンションの廊下・階段の床はやはりなんらかの塗床塗装したいという要望があります。

弊社も以前には塗床塗装しても数年で剥がれるなどトラブルが多かったので敬遠していましたが、15年程前に日本特殊塗料のユータックRという塗り床材をメーカーから推奨され使っています。
この商品はすこぶる優秀でまず塗っても剥離しませんし、耐摩耗性も高くスリ減りがほとんどありません。
一番良いのが工事価格が安いことです。タキロンの1/5程度で施工できますので賃料物件でも使う事が出来ます。
このユータックRと隅々のシーリーングをキチンとやれば防水効果も期待できます。完全な防水材でないので絶対漏らないとは言えませんが実用上は充分です。

日本特所塗料は塗り床材に秀でたメーカーで工場の床などで使うエポキシ系や駐車場床に使える高硬度系や超速乾性のオリゴマー系など優秀でシェアの高い商品が揃っています。

機会があれば商品も当ブログで紹介していきます。

2020年2月20日(木)
■サイディング壁のシーリング

■シーリングの打ち替え工事

最近はサイディング壁の住宅が多くなり、体感では8割がたの新築住宅がサイディング壁な感じです。
新築でサイディングを選ぶと塗り替えが必要ないと思っているお客様も多いです。

しかし、サイディング板の劣化はあまり目立たなくとも、サイディングの板と板の間や窓回りのシーリングが劣化しますので打ち直しが必要になります。
シーリングの打ち直しには全面足場が必要なので、この際なので壁も塗り替えたいとの要望が多いです。
サイディングのシーリングが劣化すると、弾性力が無くなり亀裂が入ってきます。このまま放置し怖いのが、サイデング板の裏に水が浸水してしまう事です。
サイディングの裏が浸水すると温度変化によりサイディング板が反ったり波打ったりしてきます。

こうなると見かけも悪いですし建物の防水機能も著しく劣るので、サイディング板の貼り替えが必要になり大きな工事金額が掛かってしまいます。

サイディング住宅の改修で一番大事なのが、シーリングの打ち替え工事になります。


■サイディングの塗り替え工事

単色のサイディングでしたら着色塗装すれば綺麗になりますが、石調・タイル調・木目調のサイディングですと単色に塗ってしまうと印象が大きく変わり安っぽくなりがちなのでクリヤ塗装する事もあります。

サイディングの劣化は太陽の紫外線によるものが多いので、現状より劣化しないようにUVカットクリヤ(透明)で守ってやる工事をすれば現状の模様・質感のまま仕上がるので、高級感のある模様・質感のサイディングにはお勧めです。

サイディング板自体がチョーキングして粉を葺いた状態の場合は、クリア仕上げは出来ないため着色仕上げになります。

■内部断裂するサイディング
1990年代にアスベストの健康被害から使用を禁じる法律が出来ました。当時のサイディングや屋根コロニアルには断熱性と接着効果からアスベストが使用されていましたが、この法律によって使用が出来なくなりました。

アスベストは断熱性と接着性の富んでいて安価なため多くの建築資材に使われていました。
しかし健康被害があるアスベストの使用は禁止になりましたが、急に代替えの素材が見つからなかった時期に製品化されたサイディングや屋根コロニアル商品に劣悪な物が生まれた次第です。

このころ作られた製品はサイディング板自体の接着力がないため内部破断してしまいます。現状でサイディングが少し欠けた状態で治しても同じところがまた欠けてきます。

これらは塗り替えできない商品で、改修にはサイディングの張り替え工事が必要になります。

2000年以降に建てられたサイディング住宅では良い商品になったので問題はありません。


NEWS新着情報

2000年4月
モリタ建装ホームページ開設
2010年4月
モリタ建装ドットネットに移行
2020年2月
サイトをリニューアルしました。

バナースペース

モリタ建装株式会社

〒333-0821
埼玉県川口市東内野555-1

TEL 048-296-2521
FAX 048-294-1789

スマートフォン版