本文へスキップ

川口市の住宅外壁塗装の直接工事業者です。

川口市で創業55年 住宅・アパートの屋根塗装 外壁塗装 防水工事何でもお任せください。安心と信頼の実績 塗装 防水 足場 シーリング内外装各種補修のエキスパートです。直接施工業者なのでお安い価格で充実した工事内容を提供します。

新着情報


★コロナウィルス対策で直接面談無しでの現地調査・見積りいたします。
現在のコロナウィルスで直接のご面談に不安のお客様には、インターフォンやスマートフォンごしでの打ち合わせ行っています。私との直接の面談はありません。
依頼メールで [面談-×] とお書きください。

ご案内


 塗り替え工事に後悔しないために
■塗装工事をドコに頼めばよいかわからない?
有名な工務店やホームセンター等の塗り替え会社には塗装作業者はいないので、結局地元の直接工事業者が工事します。
ベストは地元の信頼のおける塗り替えリフォーム直接工事業者です。近くなら経費も掛かりませんし、アフターケアも迅速です。

■地元の工事業者は信頼できない
公共工事を直接入札で工事している会社は厳正に審査されていて信頼に於けます
創業年数も評価対象でしょう。手抜や悪徳業者はすぐにいなくなります。

■手抜き工事が心配
モリタ建装は工事完了後に工事写真帳を提出しています。何時材料を入荷し下地補修や塗装工程などが 確認できます。完了後は工事保証書を提出しています。

■追加追加の工事金額が心配
モリタ建装はお見積金額以外追加工事費用はかかりません。追加金額が発生する見積は失敗見積です。工事契約書に明記された金額以外は発生しません。
 
 川口市・埼玉県公共工事 入札指名業者です
■官庁工事にも対応できる技術力・総合力。

入札指名業者は経営審査という決算内容・国家資格者・厚生年金・社会保険の加入など安定した経営を審査されていますので間違いのない会社です。

さいたま市・川口市・蕨市・戸田市・草加市・越谷市・春日部市。埼玉県南に実績多数あります。
 
 御見積もり・住宅診断まで無料で
 社長近影 新築の時よりも最新の塗料・施工法で住宅に合った外装を提案しお宅の資産価値を高めるリフォームを心がけています。

全ての物件を社長本人が担当し、現地調査の上見積書・住宅診断書・工事仕様書まで無料で発行します。
くわしくは上段タブの[工事までの流れ]をご参照ください。

無理な営業、しつこい勧誘は決していたしません。優しくおおらかな営業を心がけています。

一級建築施工管理技士
     代表 森 田 雄 三

 ■本サイトは全て代表が制作しています。全てにおいて責任を持ち正しい情報発信するためです。
.
ただ今インターネット特別割引10%実施中です。
お問い合わせ・御見積り依頼は お問い合わせ まで
■今月のおすすめ塗装 [★目的別おすすめ塗料]へどうぞ
ピカピカは嫌 マットな艶消し仕様

ピカピカに光る仕上げは嫌
艶けし塗装でも汚れに強く耐候性も抜群です。
マットな艶消し塗料でハイセンスなお客様に

お客様Voice


 モリタ建装で塗りかえされたお客様
 S様  S様住宅
2020/10施工
川口市S様邸
 S様ご夫妻の声

真心ある工事に感動しました。職人さんも若い方が多く一所懸命に工事をしてくれました。
何層にも塗装する丁寧な仕事に安心しました。
工事中にもかかわらず現場の清掃も行き届いていました。

モリタ建装さんに頼んでよかったと思います。

工事仕様
外壁 ファインコートシリコン(菊水化学工業)
塗装 ファインウレタンU-100(日本ペイント)
ベランダ防水
工事金額 ¥650,000.(税別)
特記:2階建て 日本式家屋 モルタル壁 屋根なし
 
 T様  T様住宅
2020/9施工
さいたま市T様邸
 T様ご夫妻の声

担当の監督さんが毎日来てくれて、当日の作業内容などを事細やかに説明してくれて安心できました。

見積もりのときの建物診断書でどのように塗り替えるか説明いただき、完了後の工事報告書では作業内容の工事写真が事細かにあり工事全体に安心感があります。

作業量の割りにモリタ建装さんは安いですよね。


工事仕様
シーリング全面打ち替え
屋根 パラサーモシリコン(日本特殊塗料)
外壁 シルビアNADシリコン(日本特殊塗料)
塗装 シルビアNADシリコン(日本特殊塗料)
工事金額 ¥1,000,000.(税別)
特記:3階建て サイディング壁 屋根(遮熱)
 
 O様  O様住宅
2020/8施工
川口市O様邸
 O様ご夫妻の声

見積もり段階からモリタ建装社長様本人に来ていただき、我が家に一番良い外装塗り替えを提案してもらいました。

職人さんも朝来ると当日の作業工程を話してくれ、仕事帰りも本日の工事完了しましたと挨拶してくれて、社員教育が行き届いていますね。気持ちよかったです

屋根と外装に使用した遮熱塗装の効果が楽しみです。


工事仕様
屋根 パラサーモシリコン(日本特殊塗料)
外壁 パラサーモ外壁用(日本特殊塗料)
塗装 シルビアNADシリコン(日本特殊塗料)
工事金額 ¥930,000.(税別)
特記:2階建て モルタル壁(遮熱) 屋根(遮熱)
 

社長のブログ


住宅塗装つれづれ草






モリタ建装の近況 住宅塗装つれづれ草
毎週月曜日に更新しています。住宅塗装の話題を数多く取り上げています。
                         過去の書き込はこちら
2022年1月24日(月)
その他の屋上防水

ウレタン防水以外にも数種の防水工法があります、

■FRP防水

築20年前後の住宅ではベランダの床に良く見る工法です。
公園の池にあるボートはFRP製で、強靭でシナリ小面積では大変優秀な防水になります。
ただFRP自体は半透明の物で紫外線に大変弱い為、グレーのトップコートで守られなくてはなりません。

このグレーのトップコートに小亀裂が入っていたり、剥がれがあるとトップコートの塗り替えが必要です。

モリタ建装(株)では見積にFRPトップコートの塗り替えを見ています。

■シート防水

シートには主にゴムシートとエンビシートがあります。

ゴムシート防水は一般住宅にはほぼ使われません。

ハウスメーカーなどでは陸屋根の屋上にエンビシート防水を使っています。

これは優秀な防水材ですが、施工が難しいことと工事価格が高価になります。

モリタ建装(株)ではエンビシートは上手なシート専門業者に頼んで施工しています。

■板金防水

築20年以上前の住宅では板金防水が使われています。

これは金属にグリーンなどのコーティングが施された板が床に貼ってあります。

また手摺側に側溝がありこれは銅製品で、近年の酸性雨でこの溝部に穴が開き漏水する事象があります。

2022年1月17日(月)
防水工事

屋根が平らな陸屋根やバルコニー土間には防水工事が必要に成ります。
防水には多様な種類がありますが、これがベストと言うものが無く、現場の状況・建物の部分・下地の状態から工法を選んでいきます。

今回は防水性能が高く、下地や形状を選ばないウレタン防水緩衝工法
(国土交通省X-1仕様)を紹介していきます。

ほとんどの建物が水によって寿命を縮めています。建物内部を腐らせ、劣化させるのは、屋上やバルコニーなどの隙間から入ってくる水などです。

一般的に塗膜防水の寿命は、7~12年と言われてますが、工法や仕様、建物の環境や手入れの状況によって、寿命というのはかなりの開きがあります。逆に言えば、7年持たないケースもあります。

定期的に点検をして、防水効果の状態を確認し、適切な時期に改修をするというのも大切です。なるべく早いうちに手を打っておく事が、費用の倍増をも防ぐことになるのです。

■ウレタン防水のメリット
ウレタン防水はウレタン主材を屋上面にまんべんなく塗布する事によって、繋ぎ目の無いシームレスな防水層を作ることが出来ます。
この為、漏水には非常に強い防水材であり、狭小地や複雑な屋上にも対応できます。

ウレタン防水緩衝工法の作業の流れをお話しします。

■高圧洗浄 下地調整
まず15Mpaの高圧洗浄を行い、下地調整を行います。
不陸部分があればカチオンモルタルで平坦にしたり、防水に支障の出るものを撤去したりします。

ウレタン防水の欠点として、施工後にプクプク浮きが出てくる事があります。
これは下地に存在していた水分が、特に夏場などに水蒸気となりウレタン層を膨らませてしまう現象です。

■通気緩衝シート 脱気筒

そこでAV緩衝シートを下地全面に貼ります。このシートは空気が通る構造で、この後取り付ける脱気筒により水蒸気を外に逃がすシステムが取られます。

緩衝シートを貼ったら全体にウレタン主材1層目を全体に塗布します。
そして規定数量の脱気筒を、基本的には水上の部分に取り付けます。

下地に残った湿気などはこの脱気筒を通して抜けていくので、ウレタン自体が膨らむことはありません。

また脱気筒は屋根の傾斜の高いところ(水上)に取り付けます。これは水蒸気は低いところから高いところに移動する為、低いところに取り付けると水蒸気の抜けが悪くなるためです。

ウレタン主材は防水効果は高いのですが、紫外線に弱いのでトップコートで守らなくてはなりません。

■フッソトップコート

一般のウレタン防水トップコートはウレタン系なので5年程度しか持ちません。なのでモリタ建装では通常フッソ系トップコートを使用しています。これだと多少高価ですが10年は持ちます。

2022年1月10日(月)
サービス工事

ついでにポストを塗って欲しいなど、金額的に大きくないものは良くサービスとして塗装していますが、その他にも本工事のついでにサービスしているものを紹介します。

■高圧水洗浄

外壁や屋根を塗装するには高圧洗浄が必須です。圧力も150気圧(15Mpa)と最近一般用に売られている洗浄機の2~3倍のものを使用しています。

モリタ建装は塗装するものの洗浄はもちろん、玄関やガレージの土間、塗装しない塀などもサービスで綺麗にしています。
全てを工事前より綺麗にしたい思いからです。

土間に貼ってあるタイルやインターロッキングなども洗浄すればそこそこ綺麗になります。

■見積り外の物

郵便ポストや庭の外灯など少量の物はサービスで塗装しています。
建物自体が綺麗になると未塗装の物の小さな汚れでも気になりますので、塗装して全て綺麗にしています。
ただ玄関扉や窓枠などのアルミ製品は塗装してもすぐ剥がれてしまうので塗装は不可になります。
アルミは錆びないと言われていますが、色が退職したり、白い点々の錆が発生します。

■樹木など

建物全体に足場が掛かるので、普段は作業しづらい高所の樹木の切断も頼まれる事があります。
電動ノコギリを使いますので太い樹木でも対応できます。

■廃棄物

大きな家電製品や家具などの廃棄を相談請ける事もありますが、大きなものに関しては有料にて対応しています。
弊社がいつも使ってる産廃業者ですので料金もお安くできます。


工事以外の事でも是非ご相談ください。

2021年12月27日(月)
塗り替え時期の選定

普段生活をしているとなかなか外装の劣化には気が付きません。
近隣の同年代の建物の塗り替え工事等があると気が付く程度でしょう。

■塗り替えに適した時期かどうか

家屋全体に足場をかけての塗り替え工事は、総体的に施工するのがお得です。屋根の劣化が気になる場合などには、足場が必要かどうかや、いっしょに外壁を塗った方がよいかなど施工範囲を決めることが大切です。

また、劣化の程度によっては塗装によるメンテナンスよりも張替えや交換の必要性が生じます。外壁のひび割れや屋根の劣化などが、早急な工事を必要としているかの判断が大切です。特に、木部や鉄部の腐食には注意が必要です。

■全体的な点検

総体的な点検を致しますので、サッシの建て付け不良や雨といのつまり・雨といの勾配の不具合による雨水の逆流や「たまり」などの様子もご報告いたしております。
内部のクロスの汚れや床・階段のキズ・和室白木の黒ずみや雨シミに関してなど、家屋全般のご相談を承っております。

■サイディング壁の注意点

サイディング壁で一番注意を要するのはサイディング板間や窓回りのシーリングの劣化です。

まず微細な亀裂が入り、徐々に大きな亀裂になり、放置し続けるとシーリングが無くなり後ろの青色のジョイナーが見えてきます。

また近年のサイディング板は耐久性があり劣化しませんが、破風板やエンビトイなどがチョーキングにより劣化が進んでいる事がありますので注意が必要です。

■モルタル壁の注意点

モルタル壁は必ず亀裂が入る性質のものです。0.3mm未満のヘヤークラック程度でしたら室内への浸水の恐れはないので緊急性は低いです。

0.3mm以上の構造亀裂だと室内への浸水や柱や梁の浸水により腐りや劣化が心配です。

■コロニアル屋根の注意点

コロニアルはスレートの薄い板なので変形しやすいものです。汚れによって塗膜が無くなったり、コケが発生するとコロニアル板の亀裂や変形が始まります。

これらの事象が見られたら塗り替えが必要になります。

2021年12月20日(月)
木製品の塗装

玄関木製扉などでオイルステイン仕上げ、いわゆる木目仕上げしているものがあります。
重厚感があり、オーガニックな感じでとても良い質感があります。
しかしオイルステインでは仕上げにウレタンクリヤ等が使われていますが、この耐久力は10年弱です。
また太陽の紫外線に弱いので、常に太陽光の当たる部分の劣化は大変早いです。
クリヤが劣化すると木製建具を守れなくなり、木部に浸水して建具自体の腐食が進みますので、艶が無くなったなどの劣化の兆候が見えたら早め早めの再塗装が必須です。

■木製扉

木製扉でオイルステイン仕上げの物は、室内側は綺麗なのに外部側は紫外線により劣化してしまうことがおおいです。

オイルステイン仕上げは木地仕上げともいい、木目の見えるように木を染め透明なクリアーによって保護していますが、以前のクリアは紫外性に弱い為、良く日に当たり湿潤な下部の劣化が激しいです。

この状態のドアの塗装補修は難しく、丁寧な技術が必要になります。
全体をケレンし、木を目立たないように染め直してウレタンまたはシリコンクリアによって保護します。

若干の染めムラはありますが施工前に比べて綺麗になり、シリコンクリアにより守られています。

■木製の濡れ縁

濡れ縁とはいわゆる縁側で、木製の為、表面塗膜がなくなるとボロボロになってしましいます。

濡れ縁の塗り替えには、劣化塗膜の処理と、塗装の密着性・防水性や耐候性がポイント。木目を活かした浸透性の塗料や生地仕上げも可能。
エポキシ系の下塗り材で強化の上、ウレタンまたはシリコン塗料によって守ります。
裏側もキッチリ塗ります。

■木製の付け梁

建物外壁の1階と2階の間にある板を付け梁と呼びます。
サイディングの建物に多いですが、木製の物は塗膜の劣化から木自体の劣化が進んでいるものがよく見受けられます、

塗装に際しては、繋ぎ目はシーリングしエポキシ系下塗り材で全面を強化したうえ塗装します。
建物にアクセントを与えるためにも色は濃い目の物を薦めています。

古い木製品の塗装で大切なことは、しっかりケレンする事とエポキシ系の接着力の強い下塗り材を使う事が重要になります。


NEWS新着情報

2000年4月
モリタ建装ホームページ開設
2010年4月
モリタ建装ドットネットに移行
2020年1月
サイトをリニューアルしました。
2020年2月
[目的別おすすめ塗料]ページ追加しました
2020年4月
[塗装業者が教えるDIY塗装方法] ページ追加しました。

バナースペース



モリタ建装株式会社

〒333-0821
埼玉県川口市東内野555-1

TEL 048-296-2521
FAX 048-294-1789

NEWS新着情報

2020年2月
サイトをリニューアルしました。
2020年2月
[目的別おすすめ塗料]ページ追加しました
2020年4月
[塗装業者が教えるDIY塗装方法] ページ追加しました。

スマートフォン版